全財務労働組合
〒100-8940
東京都千代田区霞ヶ関3-1-1
財務省内(西154)
TEL.03-3581-4882
FAX.03-3592-5045

0
0
9
2
0
5

活動報告

 

全大蔵労連 財務大臣交渉

 全大蔵労連は6/17に財務大臣交渉を行いました。
 平良会長(全財務中央執行委員長)からの挨拶から始まり、財務省関係労働者の雇用と労働条件、生活水準の維持・向上を目指すための要求書を財務大臣に提出しました。
 財務省関係共通の課題として、①業務上必要な予算を確保し、機構・定員の充実を図ること、②国家公務員の給与水準の改善、③長時間労働の是正にかかる実効性を確保するよう要求しました。
 全財務としては、地域連携、金融行政、国有財産管理、自然災害への対応等、業務が増大、複雑化・多様化し、業務量と定員のミスマッチが拡大していることから、業務量に見合った定員確保への理解を求めました。

全財務第67回定期大会

退任役員の皆さんお疲れ様でした!
第3次平良体制 1年間よろしくお願いします!
2019年度も全財務一致団結してガンバロー!!

全財務春季地方課長交渉

2019-05-31
 中央本部は5月31日、地方課長交渉を実施し、①機構・定員及び業務の効率化、②行(二)職の処遇改善、③超過勤務の縮減・適正な勤務時間管理、④テレワークの本格導入に向けて、⑤老朽化宿舎のリフォーム・リノベーション、⑥赴任期間の延長、⑦障害のある者も働きやすい職場環境整備を交渉議題として、当局の見解を質しました。
 

全財務全国行(二)職中央行動

2019-05-24
  5月24日、「全財務全国行(二)職集会」及び「国公連合行政職(二)等集会」が開催され、3名の行(二)職組合員が参加しました。「国公連合行政職(二)等集会」の一環として行われた人事院との交渉においては、部下数制限の撤廃、個別承認事務の運用基準の緩和や、本来業務以外の業務を遂行した場合の調整額の導入などを要請しました。

「2019JPSUさんかくスクエア」inちちぶ

2019-05-17
 国公連合は、5/17-18に埼玉県の秩父・小鹿野町でこれからの運動の中核を担うユース等を対象に、「2019JPSUさんかくスクエア」を実施しました。
 全財務からは東北地本、関東地本から各2名参加し、「労働組合の存在意義~連合・国交連合・公務労協の役割」と題した講義を聞いた後、アイスブレイクやニジマスとりなどのレクリエーション、ワールドカフェ等を通じ、構成組織との交流を図りながら、各職場が抱える課題等を共有しました。