本文へ移動
リンク先のPW、ID等の照会は下記連絡先へお問合せください。

全財務労働組合
〒100-8940
東京都千代田区霞ヶ関3-1-1
財務省内(西154)
TEL.03-3581-4882
FAX.03-3592-5045

0
2
7
9
4
6

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2014.5.27 連合 STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現!!

2014-05-27

連合は5月27日、47都道府県における一斉開催で、「STOP THE 格差社会!暮らしの底上げ実現5.27中央総行動」を開催し、東京都では中央本部から6名が参加しました。 本集会は、「労働分野の規制緩和を許さない取り組み」をテーマの中心に据え、今般の労働者派遣法の改正をはじめ、残業代ゼロや解雇の金銭解決など“労働者保護ルールの改悪”に向けた政府等の動きに対して、連合のすべての働く仲間の力を結集して、これらの動きに断固として反対する力強い意志を示したもので、日比谷野外音楽堂には3,807名の働く仲間が集結し、これに併せ全国47都道府県でも地方連合会主催で集会が開催され、これらをインターネット中継でつなぐという連合では初の試みで、総参加者約22,000名の全国一斉の統一集会が実施されました。

2014.5.16 全財務・国公連合 行政職(二)等集会

2014-05-16

5月16日に都内にて、「全財務全国行(二)職集会」及び「国公連合主催の行政職(二)等集会」が開催され、全財務では3名の行(二)職組合員が参加しました。 「全財務全国行(二)職集会」では、職場における行(二)職の実情や課題等を確認し、中央本部との意見交換を行いました。「国公連合行(二)職等集会」では、大塚公務労協副事務局長より「給与制度の総合的見直し等について」の講演や森永書記長から行(二)を取り巻く情勢や取組みが提起され、各構成組織による行(二)職を取り巻く課題の共有が図られたました。また、代表者による人事院との意見交換会を行い、全財務からは福井支部の甲斐組合員が参加し、処遇面の改善について強く要請しました。

2014.4.24 全大蔵労連 スプリングセミナー

2014-04-24

全大蔵労連は4月24日、都内・尚友会館において「2014スプリングセミナー」を開催しました。このセミナーは構成組織に役員を対象に、全大蔵のさらなる連携強化を目的に、各構成組織における固有の情勢と課題を全大蔵全体で共有するために毎年開催しております。今年は国公連合の荘司書記次長をお招きし、「給与制度の総合的見直し」を中心とした講義をしていただき、各参加者は理解を深めました。

2014.4.18-19 全国青年交流集会

2014-04-19
 全財務中央青年委員会は4月18〜19日の2日間、都内において「全国青年交流集会」を実施し、全国から68名の青年組合員が参加しました。この集会は、青年組合員の意識向上とネットワーク作りを目的に2年毎に開催地を東京・大阪・名古屋のローテーションで開催しており、今年は東京開催であり、関東地本の青年組合員が実行委員会を立ち上げ、集会に向けた企画・立案・準備をしました。当日は1日目は、アイスブレイクと学習会と懇親会、2日目は外部講師によるコミュニケーション研修、クイズ大会と盛りだくさんの内容で、全国から久しぶりに会えた仲間や、先輩後輩との交流を深めるとともに、労働組合に関する知識の醸成が図られました。

2014.4.11-12 全国地本委員長・書記長会議

2014-04-12
 全財務は4月11〜12日の2日間、都内において「全国地本委員長・書記長会議」を開催しました。会議では、春闘の取組みを総括し、2014年度の全財務の運動方針を検討しました。また、「給与制度の総合的見直し」にかかる対応、2015年度機構定員要求の構築や人事異動期における取り組み等、我々を取り巻く諸課題についての情勢認識の共有をするとともに、組織体制の充実・強化を図るための議論を交わしました。また、併せて組織財政検討委員会も開催しました。
TOPへ戻る